社内印刷イベントの開催(2回目)

社内イベント

2回目の社内印刷イベントを開催しました!
今回はインターンシップや職場見学に来られていた方・入社前の新入社員を招いての開催となりました。

「わくわく実験編 Part.Ⅱ」内容は下記の2本立てとなります。

  • Project. Ⅰ 極薄紙(グラシン紙)に印刷してみよう!!
  • Project. Ⅱ 1カ所のインキツボに3つの色を入れてグラデーション

始まりの挨拶

9:00 社長より外部の参加者の紹介と一言をいただき印刷イベント開始です。

Project. Ⅰ

極薄紙(グラシン紙)に24種の柄を印刷しました。
紙はちゃんと出るだろうか・・・
色はキレイに出るのか・・・
ドキドキとワクワク感満載の印刷でした。
さぁオペレーターの腕が試される時。

薄い紙なので最初は出てきてもくしゃくしゃになってしまったりとなかなかキレイにはいきません。

けれど、最後はうまくパレットにおさまりました。

パレットから出して、一枚一枚確認してみました。

色もキレイに出て、デザイン担当者も満足でした。

その後は

印刷後は、グラシン紙を使って”しおり”を作り、工作体験まで楽しめました。

ペーパークラフトでポップアップやランプを灯してランタンも作ることができます!
薄い紙なので光が透けてキレイです。

Project. Ⅱ

1カ所のインキツボに3つの色を入れグラデーションを狙っての印刷をしました。
通常は、1つのインキツボに1色のインキを入れて印刷しますが、今回は3つの色を入れてグラデーション印刷に挑戦してみました。
色はシルバーとDIC25・DIC222を使用し年度カレンダーを印刷しました。

狙い通りのグラデーションになるのか・・・
3つの色は出ましたが、きれいなグラデーションにはなりませんでした。
・「インキの量が多かったため、インキの混ざりがあまかった」
・「3色ではなくDIC25とDIC222の間にもう1色入れることでよりグラデーションになったのではないか」
との意見が出ました。

インクジェットプリンターで出力したもの

実際に印刷したもの(棒線は蛍光ピンク)

印刷作業の体験

終わりの挨拶

12:00 営業部長より一言いただき、無事に終了しました。
今回は動画アプリZOOMを使用して、機械の上での作業状況を携帯で撮影しモニターに映すことで参加者全員がちゃんと見られるように工夫しました。今後もこのようにすることで現場にいなくても見られる状況を作れたら良いなと思っています。
ではまた次回のイベントで!

岩本印刷株式会社 U40会議メンバーより

この記事をシェアする

この記事を書いたヒト

岩本印刷株式会社 編集者

岩本印刷株式会社の更新担当している編集者です。 事例紹介などを更新しております。

お問い合わせCONTACT

ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら